チェリーアイ(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、5カ月のブルドックの女の子です。
左目の目頭からぷくっとしたものが飛び出してきてしまい、目薬などで様子を見てたそうですがなかなか治らず手術をご希望されご来院されました。
こちらがご来院時の写真です。

瞬膜腺がかなり大きく飛び出してしまっています。このような病気をチェリーアイともいいますが、通常、手術でもとの位置に戻して固定します。
まだ子犬と言う事でオーナー様も心配されていましたが、レーザーで出血や腫れ、痛みを最小限に抑え日帰りで手術する事ができました。
こちらが手術後の写真です。

腫れや赤み、目の充血もなくとてもキレイです。
術後は元気・食欲共に良好でオーナー様もとても安心された様子でした。
本人も目を気にする様子もなく、再診の際もとても元気に愛想よく挨拶しにきてくれます。
これからも元気に過ごしていってもらいたいと思います。