体表腫瘤切除(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは17才の猫の男の子です。
数年前から首にしこりがあり、少しずつ大きくなっていってしまったそうです。
本人も気にしておりひっかいてしまい、何度かしこりが破裂し中から汁のようなものが出てくる事があるとの事でした。
かかりつけの病院でかなりの高齢なので手術はむずかしいと言われて、レーザー手術を希望されて来院されました。
ご来院いただいた時にはすでに膿が腫瘍のまわりからでている状態でした。
また痩せてきてしまっており、血液検査を行った所脱水もしており腎臓の値も高かったため数日点滴をして状態を改善してから手術を行う事になりました。
かなりの高齢と言う事もありオーナー様もとても心配していらっしゃいましたが、レーザーで腫れや出血、痛みを最小限に抑え短時間で手術を終える事ができましたので日帰りで手術する事ができました。
高齢で麻酔の危険性はありましたが、手術を無事頑張ってくれました。
病理検査の結果は扁平上皮癌と言う事でしたので、今後も再発などがないか定期的にチェックしていく必要があります。