前肢断脚手術

今回ご紹介させて頂くのは、15歳アメショーの男の子です。
1カ月ほど前から左前肢の肘あたりに瘤のようなものができており、徐々に大きくなってきているとのことでした。
診察時には左肘関節周りに直径6cmをこえる大きさのできものが確認されました。
15歳と高齢ではあったものの、このまま様子を見てさらに大きくなった時の弊害や、
できものが割れたり、出血したりなどといったリスクを考慮し左前肢の断脚手術を行うこととなりました。
手術前の写真がこちらになります。

レーザーを用いる事で出血を最小限に抑え、スピーディーかつクリーンに行う事ができました。
術後の痛みや腫れも軽減することが出来、翌日には退院され、帰ってからご飯をよく食べたとの事でした。
現在は抜糸も終わり、傷口もきれいな状態で傷を気にすることなく過ごしているとのことです。
これからも元気に毎日をのびのび過ごして頂きたいと思います。