悪性腫瘍による断脚

今回ご紹介させていただくのは、8歳のミニチュアシュナウザーの女の子です。
左前脚に腫瘍があり、検査を行ったところ悪性の腫瘍である事がわかり、ご相談したいとの事でご来院されました。
ご来院された時はすでに足がしっかりとつけずとても痛そうにびっこをひいていました。
悪性の腫瘍という事ともうすでにかなりの大きさになっており、そこの部分だけ摘出することはむずかしく、かかりつけの病院では断脚がべストと言われたそうですが、わんちゃんの負担などを考えると手術に踏み込めないとの事でした。
レーザー手術のメリットや断脚以外の方法などもいろいろとご相談させていただき、今後の再発なども考慮し、わんちゃんの負担を最小限に抑えたレーザー手術での断脚を行う事を決心されました。
レーザーで出血や腫れ、痛みを最小限に抑え無事手術する事ができました
術後の回復も順調で、手術翌日も元気いっぱいで、おうちに帰ってからもすぐに歩き回ったり排便・排尿もスムーズにできておりオーナー様も驚いていました。元気に動きまわりすぎて周りの人たちが逆に心配になるほどだとおっしゃられていました。
こちらが手術後の写真です。

傷口もとてもきれいに治り、少しずつ毛も生えてきてました。上手に3本足でバランスをとりスムーズに歩いたり走ったりできています。
徐々に毛もはえてきており傷口も目立ちません。

悪性の腫瘍でしたので今後の再発や転移には十分注意しなくてはなりませんが、今後も病気に負けず元気に長生きしてもらいたいと思っています。