眼瞼腫瘤切除(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、12才のシーズーの男の子です。
1年ほど前から左眼の下瞼の際にできものができ、だんだんと大きくなってきたそうです。
自分で気にして擦りつけてしまい、ちぎってしまう事が何度かあり、そのつど大量に出血してしまっていたという事でした。
こちらがご来院時の写真です。

とても大きな腫瘤の重みで眼が垂れ下がってしまい、瞼が常にめくれてしまっています。
またひどく感染をおこし腫瘍の表面から出血したり汁がでているところに毛や目やになどがこびりつてしまっていました。
こちらが切除した腫瘍です。

レーザーで出血や腫れを最小限に抑え日帰りで手術する事ができました。
こちらが手術後の写真です。

御覧の通り腫れや赤みもなく、とてもキレイです。腫瘤をとりのぞき、伸びきってしまった瞼を左右差のないように、皮膚を整形しました。
これからは、違和感なくすごしていけることでしょう。
術後当日より、食欲もいつもどうりで問題なくすごせたそうです。