精巣腫瘍摘出(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、市外から来院された11才のゴールデンレトリバーの男の子です。
陰嚢が腫れている事に気が付かれご来院されました。
診察させていただくと、右側の精巣が異常に肥大し13㎝以上にもなってしまっていました。

細胞診の結果やはり精巣が腫瘍化してしまっている可能性が高く、手術を行う事になりました。

レーザーを用いて少しずつ腫瘍を切除していきます。少しずつシーリングしながら切除していきますので、御覧のとうり、出血が少なくすみます。腫瘍のまわりにたくさんの血管が走っていましたので、すこしずつ切除していきます。
腫瘍が大きく、皮膚の余裕がなかったため周りの皮膚にメッシュを入れて縫合しました。
こちらが摘出した精巣です。

左側が正常な精巣で、右側が腫瘍化してしまった精巣です。
術後は排尿もしっかりとでき、食欲もあり飼い主様も安心された様子でした。