軟口蓋過長症整復・鼻腔狭窄症整復手術(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、1歳のフレンチブルドックの女の子です。
イビキがひどく、動くとすぐにハァハァと息苦しそうにすると言う事でご来院されました。
ご来院時もガーガーと喉を鳴らし、苦しそうに呼吸をしていました。
こちらが手術前の鼻の写真です。

鼻の穴が線のように細くなっておりうまく空気が通過できない状態です。
レーザーで出血や腫れ、痛みを最小限に抑え、軟口蓋過長と鼻孔狭窄の手術を同時に行う事ができました。
こちらが軟口蓋の写真です。
長く垂れ下がってしまっており、気道を塞いでしまっています。

こちらが切除後の写真です。


見てわかるように、出血も全くなくとてもきれいです。

術後は鼻、喉ともにしっかりと空気の通り道ができ、スムーズに呼吸ができるようになりました。
手術当日からご飯も食べる事ができたそうで、オーナー様も安心された様子でした。
こちらが手術後の写真です。

鼻の穴からスムーズに息を吸い込めるようになり、苦しそうな様子もなくなりました。
とっても愛想がよく可愛いフレブルちゃんです。
これからは快適に生活してもらえると思います。