軟口蓋過長症整復・鼻腔狭窄症整復手術(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、4才のフレンチブルドックの男の子です。
普段から呼吸をする時にガーガーと苦しそうにしている事がある、緊張したりすると呼吸困難のような状態になってしまうとの事で静岡県からご来院されました。また、分離不安もあり、以前病院に預けた時に呼吸困難におちいり、危険な状態になってしまったそうです。
当院へご来院された際も口を大きく開け、苦しそうな音をさせ呼吸している状態でした。

 

分離不安があるそうで、オーナー様もご心配されていましたが、レーザーで出血や腫れ、痛みを最小限に抑え日帰りで手術する事ができました。

呼吸もスムーズにできるようになり、オーナー様も安心された様子でした。また夜のいびきもなくなり、とても楽にねむれているそうです。
これからも元気に楽しく生活していただきたいと思います。