声帯切除(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、8歳のパピヨンの女の子です。
お家に1人にしておくと吠え声がとても大きくしつけ教室などにも通ったがどうしても改善されず、かといって手放す事はとてもできないととてもお困りで、なんとか一緒に生活するために声帯の手術を希望されご来院されました。
たしかに、病院でお預かりしている間もケージの中でずっと吠え続けていました。
よくご相談させていただき、今回声帯手術を行う事になりました。
レーザーを用いる事により出血や腫れ、痛みを最小限に抑え無事日帰りで手術する事ができました。

術後は特に気にする様子もなく、お母様がお迎えに来られた時には、手術後とは思えないほどとても元気に尻尾を振り帰っていきました。
こちらが抜糸後の写真です。

これからもご家族の方と一緒に生活できるよう願っています。