瞬膜腺脱出・歯石取り(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、9歳のチワワの男の子です。

瞬膜腺脱出とは、眼の内側から瞬膜腺というピンク色の組織が飛び出してしまうことをいいチェリーアイとも言われています。1年ほど前にも瞬膜腺が脱出しましたが、整復するとそのまま落ち着いていたので、その時は手術にいたりませんでしたが、今回は落ち着くこともなさそうでしたのでそのままにしておくと結膜炎をおこしたり、気にして眼を擦ってしまい、眼の表面の角膜を傷つけてしまう恐れがある為手術を行う事となりました。

瞬膜腺は涙液を産生している組織ですので、そこを切除してしまうと乾性角結膜炎(KCS)を発症させてしまうおそれがある為、そこを切除せずに整復します。

術後は眼をかかないようにエリザベスカラーの装着と瞬膜腺の腫脹がおさまるまで抗菌剤と抗炎症薬の点眼が必要となります。

たくさんの衣装もちで、いつも私たちを楽しませてくれる可愛らしいわんちゃんです。