乳腺腫瘍摘出・腹壁ヘルニア・鼠経ヘルニア(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、市外からいらした14歳のミニチュアダックスフンドの女の子です。
トリミングの際にお乳にしこりがある事を指摘され、様子を見ていたそうですがだんだんと大きくなってしまい、腫瘍をなめてしまいしるがでてきてしまっていうる、なんとかならないかとご来院されました。
診察させていただくと、大きなしこりができてしまっており、一部表面が裂け汁がでてきてしまっていました。また腹壁からお腹のなかの組織がそとにでてしまっていておなかのあたりがふくれていました。あと鼠径部のヘルニアもみとめられました。

皮膚もかなり薄くなってしまっており、このままどんどん大きくなるとさらに自壊してしまう可能性が高いため、今回乳腺腫瘍摘出手術と腹壁ケルニアと鼠径ヘルニアの整復手術を行う事になりました。
高齢という事もあり、飼い主様も手術に不安を持たれていたと思いますが、レーザーを使用し負担を最小限に抑える事ができましたので、無事に日帰で手術する事ができました。
術後の食欲や元気も良好で抜糸も無事終わりました。