乳腺腫瘍摘出(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、10才のミニチュアダックスフンドの女の子で知多からご来院されました。
以前からお乳に数か所しこりがあったそうですが、高齢の為様子をみながらかかりつけの病院で内科治療をつづけていたそうですが、うち1カ所がだんだんと大きくなってきて腫瘍がはじけて、なめてしまい感染をおこしてしまったそうです。
診察させていただくと、左右に分かれて10カ所以上乳腺に腫瘍ができてしまっており大きいもので8㎝ちかくもありました。

今回は乳腺の片側全摘出を行い、その後傷が癒えた頃に残りの反対側の乳腺を全摘出する事になりました。
高齢であり飼い主様も心配されていましたが、レーザーを用い出血や腫れ、痛みを最小限に抑え日帰りで手術を行う事ができました。
飼い主様がお迎えにみえた時には尻尾をふってよろこんでよっていきました。それをみて飼い主様もほっとされていました。
夜もぐっすりと眠れたようで、翌日の朝には食欲もしっかりとあり動きもよく一安心です。
反対側の乳腺の手術も控えていますが、これからも元気に長生きしてもらいたいと思います。