子宮水症による卵巣子宮摘出・歯根尖膿瘍・歯石取り・抜歯(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、8歳のマルチーズの女の子です。

目の下が腫れて表面から膿が出ていました。

身体検査をしてみると、歯石が重度についており、歯周病になっていました。奥歯の歯根まで感染が広がり、そこから顔の皮膚の方に膿が破れて出てきてしまったのです。

今回、麻酔をかけて歯石をクリーニングし、ダメになってしまっている歯を抜いて排膿させる処置をしました。

さらに、術前の検査で子宮に液体がたまっていることがわかり、今回同時に手術で卵巣と液体がたまっている子宮を摘出しました。

炭酸ガスレーザーで手術を行うことで、出血が抑えられ、速やかに麻酔から回復し、日帰りですべての手術が行えました。

術前の顔です。

2週間がたちお腹の抜糸も済み、顔の傷も完治して気分よさそうに元気になりました。

これからは、歯のケアもしっかり行って、高齢になってもきれいな歯を維持できるといいと思います。