乳腺腫瘍切除・子宮卵巣摘出手術(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、、13歳のフレンチブルドッグの女の子です。

半年前より乳腺にできものができて、今では握りこぶし大になっており、裂けて膿がでているということで市外からご来院されました。


診察させていただくと、右側の大きな腫瘍はすでに表面が何ヵ所か裂けて、膿がポタポタと垂れてしまい、腫瘍が床について擦れてしまっていました。

また腫瘍はそこだけではなく、反対側の左側の乳腺にも多発していましたので、今回は左側の乳腺片側全摘出と右側の乳腺腫瘍を切除することとなりました。

また同時に避妊手術も行いました。

こちらが手術前の写真です。

こちらが、無事に摘出した後の写真です。術後飼い主様がお迎えにいらっしゃいましたが、やはり大きな手術なので心配されていてわんちゃんの顔をみてとてもほっとしてられました。

術後は大きな出血や腫れもなく、手術当日もおとなしく寝れていたそうで、次の日より食欲もあったそうです。

とってもおっとりした、可愛らしいわんちゃんです。これからは腫瘍による不快感から解放され快適な生活を送っていただきたいと思います。